ガン

ガン治療を 中医学(漢方)で治療

癌は1期~4期が有ります。これにより、違いがあります。

1期

1期は初期ですから、この段階であれば、中医学(漢方)で治療をすれば、通常は2週間~1ヶ月で癌は消える事も有ります。その後、中医学(漢方)の治療を終わって良いわけでは有りません。
なぜなら、取り合えず癌は消せたかも知れませんが、癌を作った身体の構造はそのまま残ってますから、それを治療する必要があります。それを放置したら、再発する可能性が高くなります。

2期

2期はかなり本格的になっている段階ですが、それでも3~4ヶ月、本格的な中医学の治療薬を使えば、殆どのケースで癌を減少させる事が多い。しかしもっと安全になるまで、中医師と良く相談しながら進むと良い。そして予後も初期と同じくすべき治療があります。薬は医療の知識を最も持つ正規の医師が判断する必要があります。上海の最高レベルの病院では、薬は必ず医師が判断しています。

3期・4期

3期・4期は大変です。3期であっても実際は4期並みの進行をしている時が有りますから、余談を許しません。治療期間は人に寄りますが、薬が効果を発揮し、腫瘍マーカが改善の変化が出るのは、わりと早い段階に出る事も多いようです。
しかし、どの期間まで治療すれば良いか? それは完全に安全になるまで必要です。
患者の身体の状態は皆さん違います。その違いに応じ 癌から脱却する治療が必要です。
中医師と相談しながら良い薬を手に入れ、治療をお進めください。
ガンは最も慎重な判断が必要な病気です。漢方の治療薬の輸入を依頼される人もいますが、できるだけ早いうちに中医学(漢方)の治療を開始される方が有利です。

中医学(漢方)は病院の抗がん剤治療とも併用できます。

癌は単体の薬では治療効果は上がりません。癌は全身が作った病気だと中医学(漢方)は定義してます。
癌細胞を抑える・消す事と同時に、原因となった全身の問題点を改善する事が癌治療には大事です。

治療薬実例ですが、癌の種類、進行のレベルにもよりますが、
少ない人は、漢方抗がん剤が1種、気・血・水などの漢方薬が3種類くらいです。

多い人になると8~10種類の薬を組み合わせます。
それだけ、癌を作った原因が多い、さらには癌による故障箇所が多いからです。
このような漢方薬の組み合わせ判断は薬剤師でもできません。優秀な医師だけが可能なことです。
これらの漢方薬は大学病や国立病院系で使う漢方薬です。
管理され、もっとも信頼度の高い、最も安全度の高い薬ばかりです。
高度な薬を使いたい場合、普通、上海で病院に入院するか通院する必要があります。
ご希望の方は上海まで出向いて弊社顧問の医師から診断を仰いでも良いです。
ご依頼者様のお役に立つことが目的です。

弊社へのご相談、商品のご購入はこちら

ガン治療の秘密

実際 西洋医学では打つ手としては、手術、抗がん剤、放射線の三つです。これ以外に方法はありません。
手術、抗がん剤、放射線は治療上、大変大事です。中医学で治療しても、この三つの治療は必要です。
問題はこの三つ以外に方法が無い事です。この三つだけではガンは大概は突破します。
中医学のスゴさは その三つ以外に、様々な手が打てる事です。なぜ様々な方法が必要か?
ガンは単にがん細胞だけの問題ではないからです。体の色々な機能が故障してます。
破損したり、消滅していたり、体自体が枯れていたりです。これらが癌と重なっています。
ガンの手術、抗がん剤、放射線はその他の治療はしません。だから癌になると難しいのです。

有効率 中医学

有効率は癌治療の大きな目安です。
有効率とは「改善が有ったか?」の事です。
癌を日本で治療する場合、抗がん剤の有効率は平均20%と良く聞きます。
非常に優れた病院では、抗がん剤はもっと上手に使って、効果的な治療をしている病院も有ります。
しかし、それでも限界があります。
中医学(漢方)はどうでしょうか?
中医学(漢方)は製薬会社が国の認可を取るに当たって、有効率は平均80%~85%が多いです。

癌の種類別治療例

●胆のう癌
「胆のう」は大変重要な臓器で胆汁を出し、油分を溶かします。
普通手術をするケースが多いようです。胆嚢の側に肝臓が有りますので、肝臓を少し取ります。
しかし胆嚢手術をしても助かる率は20%と言われています。
中医学(漢方)では手術はなく、薬だけで治療します。
●骨癌
骨癌は骨を溶かし、骨を崩します。この影響で重度の貧血になる場合が多いようです。
中医学(漢方)の骨癌を治療するには、まず薬を輸入代行で手に入れます。
そうすると

1)治療過程で痛みが少なくする。

2)壊れた骨の修復をする。

3)貧血を治療する薬が有る。

などが重点治療を行えます。 
●卵巣癌
卵巣癌はお腹が大きくなるまで気がつかない人が多いかも知れません。
卵巣癌の大きさは10cmほどの大きさのケースもあります。
若い人よりも中高年の方が肥満と勘違いして、気付かないかも知れません。
おかしいと思ったら、婦人科に行くか、お近くの病院で血液検査だけでも先に受けると良いでしょう。
血液検査で癌の数値が出ます。

中医学的な判断方法
卵巣癌が発見されるまで体調はどうでしたか? 帯状疱疹などが出た事は有りませんか?
あるいはメニュエルなど。これらは免疫低下ですから癌を作りやすい状況です。
低血圧ですか? 尿は近いですか? 遠いですか? 食生活はどうですか?
中医学の抗がん剤は卵巣用と消化器系の抗がん剤は必要です。
製薬会社により成分は色々有りますので、中医師が判断して組みます。
●乳がん
癌は肉体的な理由でなる場合と、精神的な理由で出来る場合がありますが、乳がんは特に精神的な原因が多いようです。
患者が自分で精神的な原因で作る場合がありますが、心の持ち方を研究されると、ガンの火種を弱める事が出来ます。
ウエイトは少ないかも知れませんが、患者自身が心の持ち方で乳がんになる場合も多くあります。
もちろん ガンでも心理的な影響は何もない場合もあります。むしろその方が治りやすいようです。
乳がん治療には 肉体的治療に 合わせ、心理的な治療が大事です。
病を機会に、今までの事を振り返り、間違った点を改善すれば、回復はかなりしやすくなります。
中医学は心と身体の関係も大変重視します。
●脳腫瘍
脳腫瘍はガンの中でも特に難しいものです。最初から脳腫瘍ができるケースもありますが、普通は乳がん・肺ガン・大腸がん・肝臓がんなどから、脳に転移してくる場合が多い。
脳は様々な役目を持っていますので、脳を痛めないように手術する必要があります。
それが脳の治療の難しい所です。つまり治療は限界があると言う事です。
切るだけではダメで、脳に腫瘍ができない体の構造にする治療が必要です。
それが中医学の方法です。脳腫瘍は命に関わります。
中医学は脳腫瘍を薬で消す方法があります。
現在、地球上で、薬だけで脳腫瘍を消す治療は中医学だけだと思います。
天然の原料を使った薬ですから脳には何もダメージが有りません。
中医学の薬は副作用が無い作りです。
程度にもよりますが、3.4ヶ月で脳腫瘍を消す・縮小する事もあります。
Arrow

適切な薬が有るのかな?適切な薬が有るのかな?適切な薬が有るのかな?
できれば 早急に上海の先生に相談してはいかがですか?

ご相談だけでも構いません。私たちはあなたを皆、救いたいのです。

お問い合わせフォーム

モルヒネの活用法

痛みの中で最も酷い場合はモルヒネを使います。
痛み止めは治療上、とても大事です。
自宅で中医学の薬で治療をしながら、どうしてもモルヒネが必要な場合があります。
中医学の薬で治療してる人は、痛み止めの使い方も、人任せにせず、出来るだけ病院の担当医に強力を仰ぎましょう。

癌から脱出する奥の手

中医学の薬を使って、癌と戦っている方にお伝えします。
癌体質から、癌にならない体質にする方法があります。
この方法は中医学の治療中に平行してされると良いと思います。お金をかけずにあなたが自分で出来る方法です。

これは中医学の治療をしている人でなければ活かせません。
会員の皆様で癌治療中の人はお申し出下さい。今のところ無料で詳しく伝授しております。

効果ですが、指導通り、毎日 少しずつすれば、4ヶ月あれば、問題点が改善していると思います。
この方法が上手く行けば中医学の薬は効果が増します。
なぜ言えるか?この方法は中医学の中の一つだからです。
中国の病院に行けばその方法は当たり前と言われる内容で、中医学が推奨する家庭での健康管理方法です。

残念な結果になる前に・・・

避けられない、無意味な手術。

膵臓ガンの43歳の女性が残念な事になりました。看護婦さんでした。
なぜ、あのような手術をしたのだろうか?
よく情報を集めると患者本人はそれでけ多量な臓器の摘出は拒んでいたそうです。
院長は自分の病院の看護婦でもあり、本人の希望を叶えたいと優秀な病院に治療を依頼した。
ところが依頼先の病院の院長判断で、結局、6カ所?の臓器を摘出した。
患者も、自分の病院の院長も断れなかったようです。

その手術の意味する物は、最初から結果が出たような物です。
医療関係者ならだれでもわかる事です。
つまり、その手術で生きられる人はまず居ないだろう?と。結果そのようになった。

医療関係者同士でも、手術のあり方に疑問を多いに持っている人がいると言う事ですね。

日本には西洋医学しかない。だから、どうなるか分かりきった手術を受けざるを得ないのです。
99.99%の人が中医学を取り入れていないため、この方と同じ事になります。
医療関係者よりも、全く医療知識がないですから、もっと大変です。

この方の事例をお伝えしたのは、同じことにならないように教訓を生かす為です。

Arrow

中医学の治療を受けたい方へ!

いきなり中医学の治療は出来ません。まずはこれから取り入れてください。

オンラインショッピング

 

ガン治療と食べ物

中医学でガン治療している人にアドバイスします。
ガン治療中の食べ物はどうすれば良いかご存知ですか?ガンを治す為には食べ物が非常に大事です。
これを間違えると腫瘍マーカーにもはっきり影響が出ます。

食べてはいけない物

1油物(脂物)
極力油っこい物は食べない事です。
連日、油っこい物を食べたらガンが悪化します。例えば牛乳も油です。
もちろんヨーグルトも同じです。牛乳を1ヶ月間連続して飲むと腫瘍マーカーがぐっと悪化するケースもあります。
2辛いもの
辛い物は体に大きな負担を与えます。
体がその分、弱りますから、ガンと戦う力がガクンと落ちます。
その間、ガンは進みます。激辛を食べますと、大変な負担を体に与えます。
酒・タバコもこの中に入ります。
3生もの
生魚、生肉、生野菜です。これは体を冷やします。
体を冷やす事は血流を悪くします。体液の周りも悪くします。気の働きが悪くなります。
ご存知ですか? ガンは気のエネルギーを悪くしたり、血流の問題や体液の問題で出来たのです。
これを改善しないとガンは治りません。

ガン治療は成果が分かれます

既に中医学を活用中の人は良くわかると思います。
二つの実例をご紹介します。

実例1

20年間ガンと戦い、再発と転移を繰り返し、もう不可能とだれでもが見ていた状態だったそうです。
知り合いのつてで◇百宝元を飲みだし、慣れた頃、中医学を使いだしました。
ガンの進行は、かろうじて反転を始め、いま穏やかにガンが治まる方向の人がいます。
この方は腫瘍マーカーが500を越してました。大変な状況でした。
病院の治療を続けながら、中医学の治療を始めました。それで改善が始まり、現在、腫瘍マーカーは200下がりました。病院の抗がん剤も緩やかな使い方に切り替わりました。

これほどひどかった人に、普通、このような改善は有りません。

実例2

小さなガンなのに結構やっかいなガン。一流の大病院を2・3カ所で治療して来たようです。外来、短期入院を繰り返したが進行する一方だったようです。
◇百宝元を友人からの紹介で使いだし、慣れて来たので中医学を導入し、パチッと食い止めが出来ました。それからは次第に改善して来た。最初は、小さいけど、根が深く、相当に手強いガン。
それから、じわじわ改善されて来た。マーカーも下がって来た。

しかしどういう分けか、途中から中断。なぜ?連絡が取れない。半年後の今。電話して来た。

案の定、ガンが盛り返してきた。マーカーが上がっているそうです。この半年、大病院の抗がん剤は受けて来たようだが。病院は今後、もっと強い抗がん剤を使おうと提案したが、検討しますと帰って来たようです。

以上、二つの例をご紹介しました。
両方の違いをご覧になり、いかがでしょうか?
やはり◇百宝元で栄養を補い、中医学の治療薬を継続したかで大きな違いが出ました。

◇百宝元や中医学に関するご相談・商品のご購入はこちら